スキーワックスの常識を覆す!          <<レスキュー無双60g  4980円> >

スキーワックスの常識を覆す!          <<レスキュー無双60g  4980円> >

販売価格: 4,980円(税込)

在庫あり
数量:
形状 白いパウダー状です。

使用方法 1、ソールに無双を適量まぶします。
2、その上から約130度〜150度に熱したアイロンを直接押し当て、素早く伸ばします。
3、その後スクレッパーで整え、
4、真鍮ブラシをかけ、
5、ナイロンブラシで仕上げます。
  (片一方づつ仕上げてください)
これで約10分。強靭でよく滑る滑走ワックスのできあがりです。
特徴  このホットワックスは、マイナス30度以上の雪温に対応しながら、従来の常識を越えた効果を保ち続けます。
 
 ホットワックスは、ソールの毛羽を押さえる保護の役目と、滑りをよくする役目があります。そのためには、強くてよく滑る素材が必要です。そこで、ポリエチレンを主成分としたホットワックスを作りました。

 ■無双の特徴(ポリエチレン系ホットワックス)

1、苦行のような、わずらわしい重ね塗りが不要です!
 1本の板に、1回できちんと定着します。

2、滑走後、毎日塗る必要はありません!
 パラフィンと異なり5-7日もちます。剥がれたらまた、塗ってください。

3、無双は浸透させる必要はありません。
 ムラなく塗れれば充分です。

4、主素材のポリエチレンは、滑りと持ちの両方でパラフィンより優れています。

5、ポリエチレンは、低温ではいかなるパラフィンワックスよりも滑ります。雪温の変化に強いです。
 
6、滑走成分も添加しています。

7、汚れに強いので室内ゲレンデや春の雪にもぴったり。

注意

 無双をレース等大会で使用する場合、家で剥がしておいてください。スタートまで剥がさず温存する必要はありません。また、無双はある程度、剥がさないと本来の性能を発揮できません。




           無双の塗り方

1、無双を適量、ソールにまぶします。

2、ソールにまぶした無双を、アイロンをあてて溶かします。
  アイロン温度は130度、ペーパーはいりません。塗りムラが出る場合は、そこに無双を更にまぶして溶かしましょう。(ソールの一部がへっこんでいて、無双が入れにくい場 合は、ベーパーを使用すると、入れやすいでしょう)

3、ムラ無く塗れたら最後にもう一度、トップからテールへ(もしくは逆)と、アイロンをソールに押し当てながら、スライドさせてゆきます。このとき、溶けた無双が透明になって、下のソールのストラクチャーやソールの色が浮かんできたら、間違いなく無双は、入っています。

4、アイロンが終わったらスクレッパーで削ります。剥がしすぎない方が走ります。

5、真鍮ブラシなどでこすりストラクチャーの目を出し、ストラクチャーを出してあげます。(ブロンズブラシ可)

#ブラシで擦ったところは、光が反射して輝いて見えます。このブラシがけは重要ですので必ず行ってください。ブラシを軽くかけると、ストラクチャーを浅くできます。
 
7、ナイロンブラシで仕上げをします。(省略可能)

8、タオルなどでこすり、最終仕上げとします(省略可能)

#適量とは、ムラ無く塗れる量です。量は、ソール面積と板の温度などに大きく左右され、一回何グラムという定量はありません。無駄遣いを避けるため、最初は少量だけまぶして、感覚をつかむとよいかもしれません。
スキーワックスの常識を覆す!          <<レスキュー無双60g  4980円> >

販売価格: 4,980円(税込)

在庫あり
数量:

レビュー

0件のレビュー