ICHIBAN+ [ICHIBAN]

ICHIBAN+ [ICHIBAN]

販売価格: 3,980円(税込)

在庫あり
数量:

商品詳細

ICHIBAN+

チームレスキューワックス【イチバン+】は静電気を利用し新たに配合した親水成分によりレーシングレベルのワックス性能を長時間、雪質を選ばず滑れるワックスです。

平均粒径2ミクロン以下の親水素材を開発し、5代目となるイチバン+はフッ素(テフロン)を超えるワックスとなりました。

作業は簡単、粉末状の微粒子はスポンジで軽く擦り付けることで滑走面に吸着します。

イチバン+は親水効果を利用し滑走面に水の皮膜を作り、乾燥摩擦を流体摩擦に変化させる特殊なワックスです。

雪面と滑走面の間に水の皮膜を作りバリア効果を持たせ簡単な作業ながら高い耐久性を持っています。

一度に使う量も極少量のためエコでコストパフォーマンスに優れます。

水の上をすべるように

親水とは水を弾くのでは無く受け流す力

レスキキューワックスのイチバン+はこの親水性によりまるで水の上を滑るように滑走します。

抵抗値は水の上を物が滑ることにイコール

特に日本の湿雪にも有効です。

ベースワックス不要

従来のワックスでは下地処理に滑走面への吸着力(浸透とも言われる)を高める為に

下地にぬるワックスから塗り重ねる必要がありました。

レスキューワックスのICHIBAN+はフッ素粒子より大幅に細かく

帯電性を持つ素材を極度に微粒子化することでICHIBAN+単体で強固にワックスが吸着します。

多彩な対応力 

 冬季のあらゆる雪に対応するその性能はマイナス20度からプラス気温

雪温度と雪質は基本的に冬季全ての対応しています。

人工雪から天然雪まで対応するため

白馬のような標高差があるゲレンデでも全てのシーンで気持ちの良い滑走性を提供します。

さらに、ICHIBAN +はすべてのレスキューワックス製品との組み合わせが可能。

例えば冬のレースでは

ゼットor極×ICHIBAN+で冬季レースで人気のセット

黒固形×ICHIBAN+や

ICHIBAN+×雪虎で春のセットなど

他のワックスと組み合わせることでそれぞれのワックスの性能を掛け合わせることが可能です。

RESCUE ZEROとの違い

2020年1月に発売したRESCUE ZEROは親水性を含まず極減まで抵抗を減らすこと

=ツルツルさの究極を目指したワックスです。

もともとICHIBAN+はレースでも使われておりましたが、さらにその性能を超え

海外などの氷河、マイナス20度以下での性能を重視したワックスがRESCUE ZERO です。

 

 


 

  • 商品名 イチバン+ / ICHIBAN+
  • 内容量 10g
  • 形状 白色粉末状ワックス
  • 滑走温度帯 —20度以上
  • 雪質 全雪質(ただし汚れの強い雪では耐久性・滑走性が落ちます=雪虎推奨)
  • おすすめ季節 冬季

 

 


■注意 使い方

  • 注意:乾燥している滑走面を推奨します。濡れている場合は水分を拭き取ってから施工して下さい。
  • 使い方:少量のイチバン+をスポンジまたは滑走面に乗せ、付属または市販のスポンジで軽く数回こすりつけます。以上で作業は完了です。

   重ね塗りすることで更に滑走性を上げることが可能です。

   その場合は滑走後再度スポンジを使い重ね塗りをすることで更に滑走性能が高まります。

(補足:大会等でスタート前滑走時間がない場合などは、その場で滑走面を雪面に擦り付けてから再度スポンジで塗って下さい。回数を重ねることで更に滑走性が高まります。)

 


 

■特徴・効果・説明

  • イチバンの歴史はレーススタートワックスを高耐久にすることでした。テフロン(フッ素)から製造開始されたこのイチバンは4代目の進化でテフロン(フッ素)レスで、それらレーシングスタートワックスを超える性能を有しながら半日以上耐える耐久性を持たせることに成功しました。冬季シーズン中全雪質対応したこのワックスは暖かい日や寒い日、人工雪から天然雪など全ての雪質に対応しレーシングレベルの滑走性を誇ります。この【ICHIBAN+〜イチバン+〜】一つでゲレンデからバックカントリーまで全てを滑走することが可能です。

 

  • 優れた滑走性は検定やレースでも使用可能。一つのワックスでスタートワックスレベルまで滑走性能を引き上げます。

 

  • 滑走面にはこれ一つのワックスでも対応。さらにチームレスキューワックス【無双〜MUSOU〜】や他社製ワックスなどあらゆるワックスの最後に塗ることも可能です。雪質が合わない時などはトップに【イチバン+ 〜 ICHIBAN+〜】を塗ることで解決致します。

 

  • 【極〜KIWAMI〜】の上に【イチバン+ 〜 ICHIBAN+〜】を重ね塗りするとさらにワンランク上の滑走性を引き出せます。またエッジサイドウォールに【侍〜SAMURAI〜】を塗る状態は冬季のおすすめセットとなります。

 

  • 春は黄砂や火山灰、樹液や搬機機器類の油、木ノ実、樹皮、土、花粉、pm2.5などの汚れがあるため【SEKKO〜雪虎〜】をおすすめします。

ワックスの×組合せ

チームレスキューワックス の製品はワックスの組合せが可能です。

 レスキューワックス のラインナップは「ホットワックス」「パウダー系」「リキッド系」「固形」の4種です。

これらのワックスはほぼ全てのワックスで組合せが可能です。

画像の通り基本的な塗り方は「ホットワックス」または「滑走面(ワックス無しまたは他社製ワックス)」の上に

「固形」→「リキッド系」→「パウダー系」の順番が基礎となります。

(パウダー→リキッドの場合もあります)

ここではいくつかのチームレスキューワックス ライダーが大会優勝パターンを紹介します。

この組合せ以外にも是非皆さんで雪質に合わせた最高の組合せを探してみて下さい。


選手が使うワックスの組合せ

※ポイント:エッジサイドウォールワックスSAMURAIはどのシーンにおいてもおすすめのワックスです。エッジ用ワックスは侍がテッパンなのです。

冬季(雪がふる季節で白い雪や気温が低い季節)

SUPER MUSOU or MUSOURESCUE ZERO or ICHIBAN+

SUPER MUSOU or MUSOUKIWAMI or ZRESCUE ZERO or ICHIBAN+

春季(残雪の時期雪が汚れてきて気温が高い季節)

SUPER MUSOU or MUSOU→KUROKOKEI→SEKKO

SUPER MUSOU or MUSOU→KUROKOKEI

SUPER MUSOU or MUSOUSEKKO

SUPER MUSOU or MUSOU→KUROKOKEI→RESCUE ZEROSEKKO

アイロンをお持ちでないお客様は、ホットワックス無しで同じ組合せにてご利用ください。

他社製ワックスの上からも「固形」「リキッド」「パウダー」Waxはご利用頂けます。

(ロウWaxが抵抗や吸着性の妨げになり効果が半減することがあります)

 


 

塗るタイミング

レスキューワックス は生塗りでその場で塗れることが魅力です。

固形やホットワックスは事前に塗っておくことが可能です。

リキッド系やパウダー系ワックスは当日塗布がおすすめです。

今までの様に、温めたり乾かしたり冷やしたりは不要です。

当日滑る前、宿や駐車場でサッとぬったらスイスイすべることが可能です。

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー